「食品の機能性評価モデル事業」について

2012年4月25日、消費者庁より「食品の機能性評価モデル事業」の結果が報告されました。
n-3系脂肪酸の機能性の評価結果は、以下のとおりです。

 機 能 評価
心血管疾患リスク低減(EPA/DHA)  A
血中中性脂肪低下作用(EPA/DHA)  A
血圧改善作用(EPA/DHA)  C
関節リウマチ症状緩和(EPA/DHA)  A
乳児の成育、行動・視覚発達補助(EPA/DHA)  B
うつ症状の緩和と発生率低下(EPA/DHA)  C
心血管疾患リスク低減(αリノレン酸)  B

平成24年4月25日「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告(消費者庁)
(http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin915.pdf)をもとにDHA・EPA協議会作成

パネル評価結果
A:機能性について明確で十分な根拠がある
B:機能性について肯定的な根拠がある
C:機能性について示唆的な根拠がある
詳細はこちら(消費者庁ウェブサイト「食品の機能性評価モデル事業について」)

【お願い】
評価結果の解釈については、消費者庁ホームページの結果報告資料の内容を充分にご確認ください。